【意外と悩む】子どもの登山で休憩するタイミングと回数

【意外と悩む】子どもの登山で休憩するタイミングと回数

登山でもハイキングでも、休憩は必要な時間。

自分がまだ登れるときでも、一緒にいるメンバーの体調を見て、休むこともあります。

でも、休憩が多すぎると逆に疲れてしまうので、「どのくらいのペースで休憩するか」に意外と悩むのではないでしょうか?

特に子ども連れの場合は、体力や筋力など発達状況の違いから大人以上に気を遣います。

そこで今回は、子どもの登山で休憩するタイミングや回数についてご紹介します。

休憩を上手にコントロールして、楽しい山歩きにしていきましょう!

登山の休憩回数は人それぞれ

南葉山キャンプ場

登山の休憩に、決まった回数はありません。

体力や筋力は人によって違いますし、一度経験している山と未経験の山とでは、休憩するタイミングも変わってくるでしょう。

また、天候や季節によっても休憩回数は変わってきます。

日差しの強い夏は、水分補給が多くなるため休憩も増えますが、春秋は割とサクサク歩けるなどです。

動いていて「暑い」「寒い」と感じれば、こまめなレイヤリングも必要です。

そのため登山では、休憩とまでいかなくても、たびたび足を止める機会があります。

登山の休憩に決まった回数はありませんが、事前に地図を見て、ある程度は休憩場所とタイミングのイメージをしておくといいですね。

最初の30分はそのまま歩きたい

火打山の登山者

休憩のタイミングは基本的に自由ですが、最初の30分はそのまま歩きたいところです。

小学生低学年など子どもが小さい場合は、15分でもいいでしょう。

なぜなら登山では、一定のペースを守って歩くことが大切だからです。

スタート直後から何度も足を止めてしまうとペースが乱れ、体がなかなか慣れません。

「〇〇分歩いたら休憩」「あの地点で休もう」など、ある程度は地図で休憩場所を考えておきます。

ただ、子どもから「もう疲れた〜」と言われることもありますよね?

私も小学生高学年グループと登山したとき、そう言われた経験があります。

そのときはスタート直後だったので、体を慣れさせるために30分は頑張って歩いてもらいました。

子どもから「疲れたぁ」「まだ〜??」と言われながら歩くのは心苦しいですが、足を止めすぎると、かえって疲れてしまいます。

登山スタート直後は体を慣れさせるためにも、15〜30分はそのまま歩くようにしましょう。

強制的に休ませることも必要

「強制的に」というと聞こえは悪いですが、子どもはヘトヘトになるまで動いてしまう場合があります。

登山での休憩は、疲れ切る前に取ることが大切です。

子どもに登山でのペース管理をさせることは難しいので、休憩は保護者がコントロールしなくてはなりません。

30分歩いたら10分休憩、50分歩いたら15分休憩などです。

子どもが途中でバテないように、強制的に休ませる時間を取りましょう。

登山での休憩の仕方とマナー

南葉山の登山

休憩中はスポーツドリンクを飲んだり、お菓子を食べたりして体を休めます。

たとえ疲れていなくても、一定のペースを保つために休憩をはさむこともありますね。

以下では、登山での休憩の仕方とマナーについてまとめました。

立って休むのもあり

体力に余裕があるのであれば、立って休むのもありですね。

一度、岩や石に座ってしまうと立ち上がるのが億劫になり、ついつい長い休憩になってしまう場合もあります。

5分休憩などすぐに出発するときは、立ったままに休めると、登る気持ちを維持しやすくなりますよ。

水分補給やおやつを食べる時間に

登山の休憩では、水分補給をしたり、おやつ(行動食)を食べたりします。

空腹のまま歩き続けると、途中で動けなくなる可能性もあります。

特に子どもは、大人よりも水分とカロリーの消費が激しい特性を持っているので、塩分や糖分もしっかり摂りましょう。

また、休憩時にはレイヤリングも行います。

長い休憩は体が冷えやすいので、ウィンドブレーカーを着るなどの対策をしましょう。

あわせて読みたい >> 初心者向け!山の服装【レイヤリング】について知っておこう

地図やアプリでのコース確認も、休憩中にやるべきことですね。

登山道をふさがない

道の途中で休むときは、登山道をふさがないようにしましょう。

人とすれ違えないような、狭い場所での休憩は避けるのがマナーです。

ザックを置くときは山側に寄せて、他の登山者の邪魔になったり、転がったりしないようにしましょう。

あわせて読みたい >> 【初心者必見】子どもとの登山で知っておきたい、山のマナー

まとめ

南葉山のコース分岐

登山で休憩するタイミングや回数に、特に決まったルールはありません。

30分に一回休憩が必要な場合もあれば、50分に一回の休憩で十分な場合もあるので、あまり時間に縛られなくていいでしょう。

登山で大事なのは、一定のペースで歩くことです。

スタート直後の15〜30分はそのまま歩き、子どもがバテないようにそこで休憩も入れましょう。

休憩を上手にコントロールできれば、子どももリズムがつかめて、最後まで無理なく歩けるはずです。

休憩中は水分や糖分・塩分をしっかり摂り、レイヤリングで温度調節もしましょう。

速い遅いにこだわらず、自分たちにとって無理のないペースで山を歩いてくださいね。