コレもそうなの?!自然をヒントに生まれたアイデア特集

コレもそうなの?!自然をヒントに生まれたアイデア特集

素晴らしいアイデアというのは、ふっと浮かんでくるようで、実は何かをヒントにしていることも多いもの。

過去の体験や知識、普段よく目にするものなど、ほんの小さなタネがアイデアのもとになっています。

その中でも自然は、アイデアの宝庫です。

私たちの生活や身近なところには、自然をヒントにしたテクノロジーが数多くあります。

そこで今回は、自然をヒントに生まれたアイデアをご紹介します!

生き物の動きや特性を利用したテクノロジーは、家電や医療器具にも使われているんですよ。

自然をヒントに生まれたテクノロジーは、生体模倣(バイオミメティクス)と呼ばれる

フクロウ1

生き物の動きなどを観察・分析して生まれたモノづくりの科学技術は、生体模倣(バイオミメティクス)と呼ばれます。

トンボの180度展開する超広角の眼や、ホタルの発光パターンにおける1/fのゆらぎとか、そういった植物や生物が持つ優れた能力は、家電や衣類など身近なところで活用されていますね。

実は知らないだけで、あなたが普段使っているものも自然をヒントに生まれたアイテムかもしれませんよ。

アイデアのヒントになった、生き物の特性まとめ

自然をヒントに生まれたテクノロジーは数多くあり、私たちの暮らしの至るところで応用されています。

日常生活から医療まで、応用されている分野は多岐に渡るので、中には「えっ、これってそうなの?」と思うようなアイデアもあるかも。

ぜひチェックしてみてください。

ハニカム構造(ハチの巣)

ハニカム構造

正六角形を並べた形しているハニカム構造は、英語で「ハチの巣」という意味です。

ハニカム構造は軽量で、強度が高く、衝撃吸収性に優れるという特徴があるため、昔から航空機の素材に利用されています。

あとは、ダンボールや発砲スチロールに代わる素材と言われている、ペーパーハニカムですね。

断熱や防音効果もあるので、建材用芯材としてドアやパーテーションにも採用されています。

蚊の針

蚊

蚊からヒントを得て誕生したのが、痛くない注射針です。

超極細でつくられた針は、蚊の針のギザギザした形を真似てつくられています。

こう聞くと一見痛そうに感じますが、実際は皮膚に刺すときの痛みを軽減してくれます。

ただ針が細いだけでは折れる心配もありますが、そこは工場のプレス加工の技術を利用することで、細くても折れない針を完成させました。

昔の注射にあった「痛い」「怖い」といったイメージを払拭させた発明品は、「こわくない注射針」としても知られています。

ゴボウの実

ゴボウの実

ゴボウの実をヒントにして生まれたのが、ベルクロ(マジックテープ)です。

ベルクロはバッグや靴など幅広いシーンで利用されている、ペタッと付けてバリッと剥がす面ファスナーです。

たぶん、一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

ゴボウの実は先端がフック状の形をしていて服などにくっつくので、オナモミと同様に「ひっつき虫」とも言われます。

着脱が簡単な面ファスナーは、もう私たちの生活に欠かせないですね。

ちなみにマジックテープという名称は、株式会社クラレの登録商標です。

ハチドリのホバリング能力

ハチドリ

ハチドリの能力は、ドローンのホバリングに応用されています。

ホバリングとは空中で停止している状態のことで、ヘリコプターがその代表ですね。

ハチドリは鳥類では珍しく、長時間空中で静止していられる鳥です。

風が吹いても同じ場所に止まっている能力、静止に加えて後退する動作などもテクノロジーに生かされているとされます。

ハスの葉

ハスの葉

ハスの葉の特性を応用して生まれたのが、撥水性のあるウェアやヨーグルトのフタです。

ハスの葉の表面は、水を弾き、汚れにくい構造になっています。

レインウェアや靴、バッグなど撥水性を持った製品は、ハスの葉の構造をヒントに作られたんですね。

ヨーグルトのフタに撥水性がなかったら、おそらくもっと中身がフタにくっついたでしょう..。

サメ肌

サメ

サメの表皮構造は、競泳水着に応用されています。

スピードを重視する競泳で水着に求められるのは、高いフィット感です。

サメは、凸凹の肌表面で水中で抵抗を減らし、水流をコントロールしています。

体の部位によってうろこの密度が違うといった特徴も、テクノロジーに利用されています。

スポーツブランド<Speedo>は、サメ肌をモチーフにした水着を開発したことで有名です。

カワセミのくちばし

カワセミのくちばし

新幹線の先端部分は、カワセミのくちばし構造をヒントにしています。

新幹線の先端

以前まで時速300km近くで走る新幹線は、高速でトンネルに侵入すると大きな音を発生させていました。

トンネルドンとも言われる現象は、新幹線がトンネル内の空気を圧縮して、空気砲のように出口へ押し出そうとするために起こります(トンネル微気圧波)。

この現象は、近隣の騒音や振動にも影響するので、鉄道の技術開発関係者は、長年このトンネル微気圧波に悩まされていました。

それを解決したのが、カワセミのくちばしです。

カワセミのくちばしは、水面の小魚をスムーズに捕らえるため、細く尖っています。

新幹線の先端にカワセミのくちばし構造を応用することで、空気抵抗は減少し、騒音も緩和されています。

フクロウの羽

フクロウの羽

また新幹線のパンタグラフは、フクロウの羽をヒントにしています。

パンタグラフとは、新幹線の外に付いている突起状のもので、走行中に空気抵抗を受けるため騒音の原因となりやすい部位です。

そこで、技術開発者はフクロウの羽に目をつけました。

フクロウの羽は、他の鳥にはないギザギザした構造をしているため、音もなく静かに飛ぶことができます。

獲物に気づかれないための生存戦略と言えますが、パンタグラフにフクロウの羽構造を応用したことで、以前より騒音が30%カットされています。

かたつむりの殻

かたつむり

かたつむりの殻をヒントにしているのは、家の外壁タイルです。

かたつむりは汚れやすい自然の中で暮らしているのにもかかわらず、いつも殻はキレイな状態を保っています。

不動産メーカーや建材製品を扱う業界では、このかたつむりの殻が持つ防汚効果に注目しています。

外壁の美観を長く保って、メンテナンスも簡単にするには、かたつむりの殻が良いヒントになったんですね。

クモの糸

クモの糸

クモの糸の特性を利用した新素材があるのを知っていますか?

人工のクモの糸繊維である「QMONOS(クモノス)」は、鋼鉄よりも強度があり、ナイロンよりも伸縮性に優れた素材です。

2019年にはアウトドアブランド<THE NORTH FACE>から、この人工クモの糸を使用した「Moon Parka(ムーンパーカ)」が限定発売されました。

少し前までクモの糸による合成繊維は「夢の繊維」と言われるほど、実用化は困難とされていましたが、テクノロジーは日々進化しているんですね。

イルカの尻尾と表皮のしわ

イルカ

イルカの尻尾と表皮のしわは、<シャープ>の縦型洗濯機におけるパルセーターに応用されています。

パルセーターとは、洗濯機の底にあるプロペラみたいな部位です。

洗濯の際に水流を生み出す部位なので、重要なパーツと言えますね。

<シャープ>の縦型洗濯機は、イルカの尻尾の形や上下に蹴り出すリズム(ドルフィンキックパターン)をパルセーターに応用することで、水流を強化し、もみ洗いを効率的にしています。

また、表皮のしわをヒントにしたことで水中抵抗が減り、洗浄力も高まっています。

<シャープ>のネイチャーテクノロジーがすごい!

猫の毛づくろい

上記イルカの項目でもご紹介しましたが、ネイチャーテクロジーを活用した有名メーカーといえば、<シャープ>です。

<シャープ>は自然の摂理から学び、暮らしにも環境にも優しいモノづくりをしています。

これまで25のネイチャーテクノロジー(2018年1月時点)を開発していて、28の電化製品を販売してきました。

先ほどのイルカの尻尾を応用した洗濯機もそうですが、他にもトンボの羽を応用にしたエアコン室内ファン、アマツバメの高速飛行を応用したドライヤーなどを開発しています。

家電を買うときには値段やデザインも確認しますが、こういった企業の開発ストーリーも購入する理由になることがありますよね。

自然好きとしては、シャープのネイチャーテクロジーはかなり気になります。

まとめ

私たちの身の回りは、自然をヒントにした製品やテクノロジーで溢れています。

エアコンや洗濯機など普段何気なく使っている製品も、もしかしたら自然界の特性からヒントを得て誕生したものかもしれません。

仕事や事業でアイデアが出ないときは、自然からヒントをもらってみてはいかがでしょうか?