小学校で自然遊びクラブの講師をしていたときの話

小学校で自然遊びクラブの講師をしていたときの話

私は以前、某小学校で自然遊びクラブの外部講師をしていました。

アウトドア専門学校を卒業して、「自然体験活動をフリーでやっていきたい」と思っていたときだったので、お引き受けしたんですね。

今は関係者以外、学校への出入りが難しくなっているので、今思えば貴重な体験だったなーと思います。

今回はそんな、私が小学校で自然遊びクラブの担当をしていたときの話をします。

ブログっぽい、少しゆるめの文章になるかもしれませんが、良かったら読んでみてくださいね。

学校で自然遊びクラブの担当をしていた

私はアウトドア専門学校卒業後に、とある小学校で自然遊びクラブの外部講師をしていました。

毎週木曜日(だったかな?)の放課後に、10名の子どもたちと自然遊びをする活動です。

期間は春から夏までだったので、だいたい3ヶ月くらいですね。

活動には室内ゲームもありましたが、基本的には外での活動でした。

きっかけは、学校の先生からのお声かけ

私が小学校で自然遊びクラブの講師をやるきっかけとなったのは、ネイチャーゲームの会で知り合った学校の先生からのご紹介でした。

その先生は「学校で自然遊びの活動がしたいんだよね」と言っているところに、「フリーランスで活動していくつもりです」と言っていた私が現れて、誘われた感じです。

正直、収入としては全然でしたが、当時の私は仕事がしたかったので、まず声がかかったことが嬉しかったですね。

学校卒業後もまた、「自然体験の活動ができるんだ」と思っていましたよ。

自然遊びクラブの担当をしていて嬉しかったこと

小学校で焚き火

やっぱり嬉しかったのは、子どもたちが喜んでいたことですね。

それに尽きます。

自分がやった自然遊びの活動、プログラムで楽しそうにしてくレテいるのを見ると「やって良かったな」と思えました。

あとは、他のクラブの子が気になって見にきていたことも嬉しかったです。

自然遊びクラブでは、各自が作った飛行機を校庭で飛ばしたり、焚き火でマシュマロを焼いたりといった活動をしていました。

わりと目立つ活動だったので、「一体、何をしてるんだ」と見にきたんでしょうね。

自然遊びクラブは、その小学校では初めての設立だったので、そういう意味では他の子が見にきたことで、参加者の子どもたちも「自分たちは楽しいことをしているんだ」と客観的にも感じられたのではないかと思います。

おそらくクラブ活動最初の頃は、ワクワクと不安が入り混じった状態だったと思うので。

自然遊びクラブの活動で大変だったこと

大変だったのは、時間と場所の制限でしょうか。

学校という限られた範囲で、活動は40分くらいで終了しないといけない。

登山やキャンプであれば、多少の時間の誤差は何とかなりますが、放課後のクラブ活動となると、そうもいきませんからね。

でも、校長先生が「校庭で焚き火してもいいよ」と言ってくれたときは、本当ありがたかったです。

焚き火みたいなダイナミックな活動の方が、子どものウケがいい気がするので。

あとこの頃は結局、保険営業の仕事を始めてしまっていたので、毎回車の中でスーツからアウトドアウェアに着替えて、学校に行っていました。

地味にこれが大変でしたね……。

子どもたちからのお手紙をご紹介

自然遊びクラブが終わった後には、子どもたちからのお手紙が入った資料もいただきました。

仕事の都合で、最終日は参加できなかったのですが、こういうものがもらえると心がほっこりするんですよね。

以下に、もらったお手紙の一部を載せておきます(名前は伏せてあります)。

自然遊びクラブのお手紙1

自然遊びクラブのお手紙2

自然遊びクラブのお手紙3

人を喜ばせて、楽しさの中にも学びを与えたい

校庭でピーク飛ばし

自然遊びに限らずですが、何か活動をするときは、その人たちを楽しませたいし、喜ばせたいと思っています。

その対象が、子どもでも大人でもです。

いろいろな考え方はあると思いますが、私は教育活動でやるのであれば、楽しいだけでもダメだし、お勉強要素だけでもダメだと思っています。

楽しさと学び。その両方が融合したプログラムをいつも目指していますね。

でも、基本はやっぱり楽しさですかね。

楽しくない活動は誰しも続かないので、その中にいかに学びの要素を入れるか、ということになるのかなと思っています。