【シンプルに解説】簡単な焚き火のやり方と薪の組み方

【シンプルに解説】簡単な焚き火のやり方と薪の組み方

アウトドアの醍醐味といえば、焚き火。

揺らぐ炎を間近で眺めながら、独特な火の香りや音に包まれていると心が落ち着きます。

でも、初心者にとって心配なのは「ちゃんと火が点くかどうか」ですよね?

私も焚き火で、火がすぐに消えてしまったり、火起こしに大幅な時間がかかったりした経験があります。

焚き火はコツさえつかめば、短時間で火を点けられるようになりますが、初心者にとってはそれが難しいものです。

そこで今回は、焚き火の簡単なやり方と薪の組み方についてご紹介します。

必要な道具についても分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

準備が大事!焚き火の道具一覧

焚き火の道具

キャンプ場や自宅の庭などの場所に関係なく、焚き火をするには道具が必要です。

焚き火で必要な主な道具は、以下のとおりです。

・焚き火台
・チェア
・薪
・焚き付け材(新聞紙など)
・革手(耐熱グローブ)
・火バサミ
・バケツ
・水
・ナタ
・ライター(マッチなど)
・難燃素材またはコットン素材の服装

たくさんあるように感じますが、ようは「安全に、焚き火を楽しむための道具」を用意するということです。

私は今回、焚き火台とチェアが設置されている施設を利用したので、焚き火台とチェアは不要でした。

合わせて読みたい >>> 三条市グリーンスポーツセンターのアースバッグ焚き火台をご紹介!

焚き付け材には新聞紙ではなく、着火剤を使ってももちろんOKです。

枯れ葉や細枝などの自然素材だけを使って、チャレンジしてみるのもありですよ。

初心者にもできる!簡単な焚き火のやり方

焚き火のやり方は人によって細かいところが違いますが、今回は以下の4ステップで解説します。

(1) 薪を割って、3種類の薪を用意する
(2) 新聞紙を丸める
(3) 薪を組む
(4) 火を点ける

(1) 薪を割って、3種類の薪を用意する

太い薪と細い薪

薪は、太薪、中薪、細薪と、太さ別に3種類を用意します。

薪の太さ目安としては、

・太薪(幅6cm以上)
・中薪(幅3〜5cm程度)
・細い薪(幅1cm以下)

といった具合です。

キャンプ場などで販売している薪はだいたい太いので、おそらく太薪は問題ないでしょう。

中薪は薪割りをして自分で作るか、適当な木の枝を拾ってくるなど工夫が必要です。

細薪はちょっと作るのが難しいので、“割り箸” で代用するとラクですよ。

薪割りのコツは、ナタの重さを利用すること

薪を割るときは、薪をつかむ方の手だけ革手をして、ナタは素手で持ちます。

ナタを握る手に軍手や革手をはめていると、持ち手が滑ってケガをする恐れがあるからです。

薪は「力で割る」のではなく、ナタの重さを利用して割るイメージです。

薪にナタの刃を食い込ませて、薪とナタを同時に持ち上げ、ナタの重さを利用して少しずつ割っていきます。

また薪割りの際、右利きの方なら右足を引いて片膝をつく体勢をとっておくと、ナタが滑った時のケガ防止になります。

詳しい薪の割り方については、こちらのサイトも参考にしてみてください。
>>> キャンプで活躍する鉈まとめ!「鉈」で焚き火がスムーズに!|CAMP HACK

(2) 新聞紙を丸める

新聞紙

薪の準備ができたら、新聞紙を丸めます。

新聞紙はくしゃくしゃにして、ギュッと丸めたら一度開きましょう。

全部開いたらまた新聞紙を丸めるのですが、2回目に丸めるときは、あまりギュッと硬くせず、ふんわり感を出すのがコツです。

新聞紙を軽く丸めることで空気が通りやすくなり、燃えやすくなります。

(3) 薪を組む

薪を組む

薪の組み方はさまざまですが、今回は円錐形のティピー型に組んでいきます(写真は若干違った感じですが)。

ティピー型は焚き火での失敗が少なく、初心者におすすめのやり方です。

火力の調節もしやすいので、アウトドアでの調理にも向いています。

下側から酸素が入りやすいので、安定した火力を保ちやすい点がいいですね。

薪の組み方としては、先に置いた新聞紙を中心に、細薪、中薪の順に立てかけていきます。

今回は焚き付け材として、枯れ葉も入れました。

太薪は、立てかけた薪が崩れないかなどのバランスを見てですが、点火時は1〜2本入っていればOKです。

※ 写真では、ティピー型を支える目的で太薪を配置しています

(4) 火を点ける

薪を組み終えたら、いよいよ火を点けます。

新聞紙のペラペラした部分に、ライターなどで着火しましょう。

順調にいけば新聞紙から枯葉、細薪の順に火が点き、燃え上がっていきます。

そのうち中薪も燃え始めますが、「火力が弱いな」と感じたら、枯葉や細薪などの焚き付け材をさらに投入しましょう。

ある程度火力が増して、火が安定してきたら、火が消える前に中薪を入れて火力を維持させます。

だいたい、中薪3〜4本が燃え出したら火も安定してくるので、一安心ですね。

あとは中薪や太薪など太い薪を入れながら、火バサミも使って、火力を調節していきます。

「なんで?」火が点かない場合の原因と解決策

焚き火と煙

なかなか思うように火が点かないと「なんで火が点かないの?」と、残念な気持ちになりますよね。

「新聞紙や焚き付け材は燃えるのに、薪には火が点かない」ということは、よくあります。

焚き火で火が点かない原因としては、以下の4つが考えられます。

・薪が太すぎる

組んだ薪が太すぎて、火が点かないケースです。

太薪は燃焼までに時間がかかるので、焚き付け時は少なくしましょう。

代わりに枯葉や細薪、中薪を多めに入れて組み変えれば、火が点きやすくなります。

・空気の入る隙間がない

焚き火では、火に酸素を送り込むことが重要です。

薪の量が多かったり、薪の組み方が悪かったりすると、空気の通り道が塞がれるため、着火してもすぐに火が消えてしまいます。

解決策としては、まだ完全に火が点いていないのであれば、一度薪を組み直すのがおすすめです。

「新聞紙がギュッと硬くなっていないか」「薪と薪の間に隙間ができているか」などを確認して、空気が入る隙間を作ってあげましょう。

・薪が湿っている

薪の表面だけが湿っているのであれば、薪を割って内部に着火することで燃える可能性があります。

もし薪割りが面倒なのであれば、焚き火をしながら薪を乾燥させる方法をとるのもいいでしょう。

焚き火台に、枯葉や細枝などの焚き付け材をたっぷり敷いて、その上から薪を組んで燃焼させれば、火元に近い順から徐々に水分が抜けていきます。

太薪は乾くのに時間がかかるので、まずは中薪までの点火を強く意識しましょう。

・ちょこまか火をいじりすぎ

火が点いた嬉しさなどから、薪や火をいじりすぎても火は消えやすくなります。

焚き火では「待つ」時間も大切です。

順調に燃えているのであれば、うちわであおいだり、薪をいじったりせずに、じっと様子を見ましょう。

むやみにいじらないことも、火を安定させるコツですよ。

せっかくなので、焼き芋もしてみた!

焼き芋

今回は耐熱グローブの使用感を試したくて焚き火をしたのですが、せっかくなのでを焼き芋もやってみました。

過去にマシュマロを焼いてみたり、するめをアルミホイルに包んで焼いたりしたことはあるのですが、焼き芋はおそらく初めてです。

熾火(おきび)で15分おきくらいに転がしながら、計40分くらいで出来上がりました。

自分で焼いて食べるホクホクの焼き芋は、また格別ですね〜。

作り方も意外と簡単なので、やってみるとおもしろいですよ!

まとめ

焚き火ができると、アウトドアライフがもっと豊かになります。

火が点いた瞬間の喜びはベテランキャンパーも初心者も同じですが、むしろ経験が少ないぶん、初心者の方が喜びや達成感を強く味わえると思います。

一度、自分の力だけで焚き火ができれば自信にもなりますし、それが次の新しいチャレンジへの後押しにもなりますからね。

薪の組み方や使う道具によっても、焚き火の楽しさは変わってくるので、いろいろなスタイルで焚き火をしてみるとおもしろいですよ。

あわせて読みたい記事 >> アルミ&新聞紙で検証!焚き火でのおいしい焼き芋の作り方