自然と暮らしを再発見するメディア「ころぽく」
野外活動のカッパは、どんなものを持っていけばいいの?

野外活動のカッパは、どんなものを持っていけばいいの?

野外活動のカッパは、どんなものを持っていけばいいの?

小学生の林間学校であれば、持ち物に必ず「カッパ」と書かれていますよね?

でも、カッパと言われても「どんなものを持っていけばいいの?」と思うこともあるでしょう。

カッパは雨天時にしか使いませんが、適当なものを持っていくと子どもが寒い思いをしたり、失敗したりすることがあります。

そこで今回は、野外活動で持っていくべきカッパについてご紹介します。

子どもの野外活動指導者もしている、アウトドア歴7年以上の筆者がわかりやすく解説しますよ。

野外活動に必要なカッパとは?

雨と小川

学校行事などの野外活動で、カッパは必須です。

でも、学校からのお便りには、ただ「カッパ」としか書かれていないこともありますよね?

「どんなカッパが必要か」は活動内容にもよりますが、一般的には以下のようなカッパを用意します。

  • 上下セパレート
  • 完全防水
  • 動きやすいこと

登山やキャンプはもちろん、雨の中で活動するのであれば、カッパは上下に分かれたタイプを選びましょう。

お手頃なのは、ジャケットとパンツがセットになったレインウェアですね。

安心なのは登山用ですが、施設周辺などで少しの時間だけ着るのであれば、そこまで高機能なカッパでなくていいと思います。

ただし、カッパは必ず完全防水であるものを選んでください。

野外活動の内容にもよりますが、持ち物に「カッパ」とある場合、雨の中で行動することを予定しています。

野外炊事やハイキング、周辺散策など長い時間外にいる活動ですね。

そのとき完全防水のカッパでないと、雨が染み込んでくる可能性があります。

アウトドアでの冷えは体調不良につながるので、単なる防水ではなく、完全防水のカッパが必須です。

新しく買うときは一度試着して、動きやすさも確認してみてくださいね。

雨の中で動くなら「透湿性」があると快適

雨のキャンプテント

カッパには防水性に加えて、透湿性もあると子どもが快適に過ごせます。

透湿性とは、衣服内の汗や湿気によるムレを解消する機能です。

100均などのレインコートにも防水性はありますが、透湿性はないケースがほとんどです。

雨の中、透湿性のないカッパで動いていると、衣服内に汗や湿気が溜まって内側が濡れます。

Tシャツの濡れは冷えにつながり、寒さの原因をつくります。

野外活動では子どもの体調面も考慮して、透湿性を備えたカッパがおすすめですよ。

あわせて読みたい >> 登山やハイキングに必須!子ども用レインウェアのおすすめと選び方

ポンチョは足が濡れるので注意

雨の日の足元

野外活動の内容によっては上下セパレートではなく、ポンチョでも十分な場合があります。

平坦な道を歩くだけのハイキングなどですね。

ただし、ポンチョは風に弱く、めくれると足元が濡れるため注意しましょう。

テントの片付けをしたり、複雑な動きをしたりするときも、裾がめくれて雨に濡れやすくなります。

持ち物に「カッパは上下別で」と書かれているときは、ポンチョだと雨に濡れる可能性があると考えた方がいいですね。

あわせて読みたい >> 子どもの登山でポンチョはあり?着るときのメリット・デメリット

まとめ

雨と植物

カッパは雨の日にしか着ませんが、林間学校などの野外活動では必須のアイテムです。

登山やキャンプ、周辺散策など着るシーンにもよりますが、カッパは上下別々で、完全防水のタイプを選びましょう。

登山用のレインウェアであれば、寒いときの防寒着にもなるので便利です。

野外活動の持ち物に「カッパ」とあるときは、たいてい雨天時も外で活動することが想定されています。

そのため、カッパに汗や湿気を解消する透湿性が備わっていると、子どももストレスフリーで過ごせるでしょう。

雨や汗による濡れは体の冷えにつながるので、持ち物に「カッパ」と記載があるときは、忘れずに持っていってくださいね。