非ゴア・ゴア問題を解消!登山初心者に伝えたいレインウェアの選び方

非ゴア・ゴア問題を解消!登山初心者に伝えたいレインウェアの選び方

レインウェアを調べすぎて「結局、何を買ったらいいのかわからない…」と思っていませんか?

私もアウトドア専門学校に入学し、登山を始めたばかりの頃はそうでした。

時代はそうで、

レインウェアは高価なものだけに「絶対買い物で失敗したくない」との思いから、登山に詳しい友達によく話を聞いていました。

そこで今回は、登山初心者に向けたレインウェアの選び方についてご紹介します。

低山中心の登山であれば、ゴアテックス以外のレインウェアでも結構OKなものです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

で、結局、何を買えばいいんですか?

ずばりこれですよね。

レインウェアについていろいろ調べた結果、「結局、何を買ったらいいのわからなくなった…」というのは初心者にとってよくあることです。

結論から言うと、自分の目的に合ったものを買いましょう。

「いや、それがわからないんだよ!!」と怒りの声が飛んできそうですが、どうしてもそうとしか言えないのです。

というのも、レインウェアは個々の使用頻度や登る山の難易度などによって、選ぶべき機能性が違います。

「どこまでの機能性が必要か」は人によって異なるので、具体的に「あなたにはこれがベストです」と言うには、個別にアドバイスしていくしかありません。

下手をすれば命の危険にも関わるアイテムだけに、流行りのファッションブランドを教えたり、おすすめのケーキ屋さんを教えるのとはワケが違うんです。

それに、レインウェアは好みもあります。

機能性が十分だったとしても「着用感がイヤ」といった理由から断られることもあり、「このレインウェアなら絶対に大丈夫」とは一概に言い切れないわけです。

そのため、直接会って話を聞くでもしない限り、結局は「自分の目的に合ったもの」としか言えなくなります。

ただそうは言っても、初心者が選ぶべきレインウェアの範囲を絞り、極力買い物をラクにすることはできます。

「このレインウェアなら絶対に大丈夫」と言い切ることはできませんが、ぜひこの記事を最後まで読んで、レインウェア選びの参考にしてみてください。

※ 買うべきレインウェアが速攻で知りたい方は、「厳選5点!初心者におすすめのレインウェア」まで一気に進んでください

でも、オーバースペックは必要ない

レインウェアを選ぶ基準は「自分の目的に合ったものを」となるわけですが、覚えておいてほしいのは、自分では使いきれないほどの機能性は必要ないということです。

いわゆる、オーバースペックというやつですね。

理由は、ウェアが持つ高機能性を活かせないからです。

たとえば、夏の低山しか行かず、しかも日帰りだけという人に、厳冬期の3,000級山岳にも耐えるウェアは必要ありませんよね?

私もつい「大は小を兼ねる」という安心感で買ってしまいたくなりますが、身の丈に合った機能性があれば十分なのです。

また、自分の目的以上の機能性を持つウェアだと、より高価になってしまいお金もかかります。

悩める人多数…やっぱりゴアテックスがいいの?

ゴアテックス レインウェア

非ゴア(メーカー独自素材)だってOK

防水透湿性を代表する素材といえばゴアテックスですが、必ずしもゴアテックスでなければいけない、ということはありません。

各メーカーの独自素材は、耐水圧などの数値を見る限り、十分な機能性を備えているので、低山中心で月2〜3回の登山などであれば、非ゴア(メーカー独自素材)でもいいと思います。

すべての独自素材を試すことはさすがにできないので、実際の「使える、使えない」の判断は何とも言えませんが、登山向けのレインウェアであれば必要な基準は満たしていると考えていいでしょう。

ゴアテックスは知名度も高く、トップアスリートも着用しているため信頼性の高いブランドです。

しかし、使用する頻度や環境によっては、必ずしもゴアテックスでなければいけないということはありません。

耐水圧は20,000mmもあれば十分

耐水圧

耐水圧は各レインウェアによって数値がバラバラであり、初心者を混乱させるポイントです。

結論を言うと、登山のレインウェアは、耐水圧20,000mmもあれば十分とされています。

スキーやアウトドアウェアを展開する日本メーカー“オンヨネ”は、過酷なアウトドア環境に耐えるため、この20,000mmという数字をレインウェア開発の基準としているくらいです。

レインウェアは耐水圧20,000mm以上もあれば、機能性としては十分といえるでしょう。

街中の大雨でも、耐水圧は10,000mmくらい

参考までに、街中で雨が降ったときの耐水圧とイメージは、以下のような感じです。

耐水圧降り方イメージ
300mm小雨雨がパラパラと降るレベル。
カサがなくてもいける
2,000mm中雨雨がサァーと降って、傘が必要なレベル
10,000mm大雨ザァーザァー降り。土砂降り。
カサを差すのがしんどいレベル
20,000mm嵐・台風  大雨&強風で、カサがひっくり返るレベル。
立っているのもツラい…

ex:カサの耐水圧は約250mm。
でも、なぜか2,000mmまで耐えられるのが不思議です。

参考: 耐水圧・透湿性って一体何?合羽を選ぶ前に知らなきゃ絶対損!|ワークユニフォーム

耐水圧 20,000㎜以上のレインウェアであれば、余程過酷な状況で使用するのでなければ、どのメーカーでも機能性に大差ないとされています。

この2つのポイントに注目!初心者向けレインウェアの選び方

登山レインウェア

最初にお伝えしたように、レインウェアは「自分に合ったもの」を選ぶことが大切です。

ただ、この「自分に合ったもの」という概念は非常に曖昧なので、ここでは自分に必要なレインウェアを選びやすくするため、 “使用頻度” と “山の難易度” に注目してみました。

以下の表はこの2つのポイントを軸に、非ゴアとゴアの境界線を示しています。

表はあくまで私の見解なので、選ぶべきレインウェアを絞るための目安として使ってみてくださいね。

【レインウェアの選び方(使用頻度と山の難易度)の表】

レインウェアの選び方(使用頻度と山の難易度)
作成:Reach Out Leaders

※ 使用頻度(耐久性選びに影響):「レインウェアを携行する頻度=使うかもしれない」
※ 低山〜高山(防水・透湿レベルなど機能性に影響)

低山中心の場合は、非ゴアでも対応できる機能性が十分にあります。

今後、2,000m級の山にも挑戦するつもりであれば、ゴアテックスも検討してみるといいかもしれません。

初心者でも高山に挑戦するのであれば、信頼性の高いゴアテックスをおすすめします。

ただし、非ゴアでも富士登山に対応したモデルも出ているので、自分が安心できる方を選んでおくといいでしょう。

中山(1,500〜2,000m)は、正直、微妙なところです。

夏山の日帰り中心などであれば非ゴアでも十分かもしれませんが、長時間の歩行や宿泊が絡んでくると、もしかしたら機能性に不足を感じるかもしれません。

繰り返しになりますが、選ぶべきレインウェアについては大まかに「あなたにはこんな感じのもの」とは言えますが、具体的なアドバイスは個々の登山スタイルによって異なります。

そのため「低山なら非ゴアで大丈夫」「高山で、非ゴアはダメ」というようなことではありません。

表はあくまで一つのツールとして考えるようにしてください。

厳選5点!初心者におすすめのレインウェア

レインウェアの種類が豊富なのは嬉しいことですが、情報量が多すぎるとわけがわからなくなりますよね?

ここではあえて、おすすめのレインウェアを5点に厳選してご紹介します。

非ゴア(メーカー独自素材)の方は、上下セットながら20,000円以下で買えるものばかり。ゴアテックスは予算に余裕のある人や安心感がほしい人におすすめです!

コスパ重視!メーカー独自素材(ゴアテックス以外)

【ONYONE】ブレステックプレミアムレインスーツ

【メンズ】ブレステック プレミアムレインスーツ 上下セットODS97010
created by Rinker
オンヨネ

【レディース】ブレステック プレミアムレインスーツ 上下セット ODS87011
created by Rinker
オンヨネ

オンヨネのブレステックレインスーツは、2.5層や3層構造もありシリーズ化されています。

それらと比べるとプレミアムは少し高めの値段になりますが、「こっちのモデルを方がカラーリングがおしゃれだから」という理由で今回オススメしました。

ブレステックプレミアムレインスーツは、耐水圧30,000mm以上。ウェア内の湿気を解消し快適な状態に保つ、登山専用のレインウェアとなっています。

【MIZUNO】 ベルグテックEX ストームセイバーVI

【メンズ】ベルグテックEX ストームセイバーVI レインスーツ A2MG8A01
created by Rinker
ミズノ

【レディース】ベルグテックEXストームセイバーVI レインスーツ A2MG8C01
created by Rinker

各種スポーツからアウトドア用品までを開発している、有名メーカー「ミズノ」から出ているレインウェアです。

独自素材「ベルグテックEX」は耐水圧30,000mm以上の3層構造で、汗をかいたときのベタつきを抑え、雨や水滴の侵入をガードしてくれます。

高品質でありながら、上下セットで15,000円程度です。

屋久島で活躍するプロの山岳ガイドも使用しており、耐久性の高さや持ち運びのしやすさから初心者にもオススメしています。

Canadian East 】 レインウェア

【メンズ】レインウェア CEW7011S
created by Rinker
カナディアンイースト

【レディース】レインウェア CEW8011S
created by Rinker
カナディアンイースト

カナディアンイーストは、大自然と人とが共鳴する、本物のアウトドアスタイルを提案するブランドです。

名前が「レインウェア」とシンプルすぎるので「これ大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれませんが、機能性はしっかりしています。

独自の防水透湿素材「ブリザテック」が雨を弾き、登山中の汗や湿気も外に逃がしてくれるので、余計な不快感もなくストレスフリーで着られます。

耐水圧20,000mmのレインウェアは、上下セットで10,000円以下というお手頃価格が魅力です。

男女ともにカラーバリエーションも豊富で、コスパのいいレインウェアが欲しい人には打って付けの商品といえますね。

富士登山からハイキング、サイクリングなど幅広いアウトドアシーンで使える一着です。

少し奮発!安心のゴアテックス

「コスパも大事だけれど、やっぱり安心感がほしい」という方は、高機能な防水透湿素材ゴアテックスも検討してみましょう。

ここでは、ゴアテックスの中で初心者にもオススメのレインウェア2点をご紹介します。

【mont-bell】レインダンサー

レインダンサー

私が初めて登山用に買ったレインウェアです。

アルパインクライミングもする友人から「夏山中心で、毎週使用するならこれくらいのスペックでいいよ」と、お店にまで付き添ってもらい紹介されました。

レインダンサーは上下別売りですが、ジャケットとパンツ合わせても3万円代で買うことができます。

ほかのゴアテックス製レインウェアの中には、上下セットで買うと5万円以上することを考えると、かなりコスパがいいですね。

私はアウトドア専門学校時代、ほぼ毎日フィールドに出かけ、夏山はもちろん、キャンプや2,000級の冬山にも着て行っていたので、機能性は申し分ありません。

モンベルが販売するゴアテックスモデルの中で、最もリーズナブルなレインウェアとされています。

Amazonや楽天などで売り切れのときは、公式オンラインショップも利用してみてください(メンズ・レディースあり)。

【PUROMONTE】GORE-TEX パックライトレインスーツ

【メンズ】パックライトレインスーツ SR137M
created by Rinker
プロモンテ

【レディース】パックライトレインスーツ SR138W
created by Rinker
プロモンテ

プロモンテは、タイヤで有名な“ダンロップ”を取り扱うHCS社が展開しているブランドです。

特徴は軽量かつやわらかい素材で、フードは襟首に収納することもできます。

晴れているときはフードをしまい、悪天候のときは出しておくという使い方もできますね。

高機能素材ゴアテックスを搭載していながら、上下セットで約25,000円という驚きの価格です。

「極度な軽量化はしない」という開発コンセプトから、登山中の雨風をしのぐ強度は十分に備えています。

プラスアルファ、知っておくと役に立つ豆知識

ここではレインウェアについて、プラスアルファ知っておくと役に立つ豆知識を4つご紹介します。

  1. リュック内のスペースが足りないときは、パッキングの勉強を
  2. レインウェアは、防寒着としても使える
  3. レインウェアの耐用年数はメンテナンス次第
  4. こまめな洗濯で撥水機能は長持ちする

1. リュック内のスペースが足りないときは、パッキングの勉強をしよう

レインウェアは、登山に行くとき必ずリュックに入れるアイテムなので、中には「かさばるなー」と感じている方もいるはず。

そんなときは、パッキングの勉強をしましょう。

パッキングとは、登山に必要な荷物をリュックに収めることをいいます。

レインウェアは雨が降ったらすぐに使いたいので、ザック上部の取り出しやすいところに入れておくのが基本です。

あとは、自宅でレインウェアをコンパクトにたたむ練習もしておくといいかもしれませんね。

2. レインウェアは、防寒着としても使える

レインウェアは降雨時だけでなく、風が強いときや肌寒いときの防寒着としても使えます。

アウター代わりに使うと荷物量も減らすことができるため、登山中の疲労軽減にも役立ちます。

街中で晴れたときに登山用のレインウェアを着ていると違和感がありますが、効率化が大事な山では荷物を極力少なくするためにも、レインウェアを防寒着として使うテクニックも覚えておきましょう。

3. レインウェアの耐用年数はメンテナンス次第

レインウェアは高価なものだけに長持ちしてほしいですよね?

特に、ゴアテックスを買うのだとしたらなおさらです。

しかし、レインウェアの耐用年数については、ほとんどのメーカーが具体的な数値を公表していません。

「レインウェアがどのくらいの期間持つのか?」については、使い方やメンテナンス状況など人によって異なるからです。

4. こまめな洗濯で撥水性は長持ちさせよう

洗濯機

具体的なレインウェアの耐用年数はわかりませんが、レインウェアはこまめに洗濯することで雨を弾く効果(撥水性)が回復し、寿命を延ばすことができます。

汗や皮脂、汚れが原因で撥水性が落ちると水蒸気の通り道がふさがれ、ウェア内がムレやすくなります。

レインウェアが洗濯機で使えるかについては、素材によってOKだったり、NGだったりするので洗濯前によく確認しておきましょう。

ゴアテックスの場合、使用する洗剤も特別なものは必要なく、柔軟剤や漂白剤が入っていない液体洗剤であれば何でもいいとされます(私の友人は『ナノックス』推しでした)。

柔軟剤はウェアの色に、漂白剤はウェアの性能に影響を与えてしまうそうです。

レインウェアを使った後は、きれいに洗濯して汗や汚れを落としておきましょう。

レインウェアの詳しい洗い方については、以下のサイトが参考になります。

【洗濯機】
「ゴアテックスなら大丈夫」は本当?実際のところを日本ゴア社で聞いてきた

【手洗い】
レインウェア メンテナンス|ONYONE

まとめ

モンベル レインウェア

初心者にとってレインウェア選びは、一つの登竜門的な存在です。

「どのくらいの機能性があればいいか」という、自分なりの基準がまだよくわからないだけに迷うのも無理はありません。

レインウェアは、低山中心で使用頻度もあまり多くないのであれば、ゴアテックス以外(メーカー独自素材)でもいいでしょう。

使用頻度が高い方や高山にもチャレンジする予定の方は、ゴアテックスを選んでおくと安心感があります。

レインウェアは高価なアイテムではありますが、何回か山で使ってみると、自分に必要な機能性もだんだんとわかってきますよ。

【レインウェアの選び方 まとめ】
・自分の登山スタイル(使用頻度や山の難易度など)に合ったレインウェアを選ぶ
・自分の登山スタイル以上の機能性や高価なレインウェアは必要ない
・耐水圧は、20,000mmが目安
・低山中心で、使用頻度もあまり多くないのであれば、非ゴア(メーカー独自素材)もあり
・登山によく行く人や高山にチャレンジする人は、ゴアテックスだと安心感がある