自然と暮らしを再発見するメディア「ころぽく」
角田山(新潟県)|灯台コースの登山ルートを解説

角田山(新潟県)|灯台コースの登山情報や難易度を解説

  • 2021年8月2日
  • 2021年9月18日
  • 登山
角田山(新潟県)|灯台コースの登山ルートを解説

角田山のコースの中でも、最も見晴らしが良いとされる灯台コース。

尾根から雄大な日本海の景色を一望すれば、登山の疲れも吹き飛びます。

早春にはカタクリやユキワリソウも咲くので、花を楽しみたい人にもおすすめです。

そこで今回は、角田山(灯台コース)の登山ルートや基本情報についてご紹介します。

灯台コースは、スタート直後から急登が連続するため、やや体力を必要としますが、初心者にも人気のコースになっていますよ。

角田山(新潟県)|オールシーズン登山者が絶えない人気の低山

角田山(灯台コース)の様子

角田山は、新潟県・新潟市西蒲区(にしかんく)にあります。

標高481.7メートルの低山ですが、早春にユキワリソウなどの花々が楽しめること、体力トレーニングに丁度良いことなどから、県外からも登山者が訪れます。

登山適期は、4月~11月です。

登山コースは全部で7つあり、海岸から岩場に沿って登る“ 灯台コース”は、体力が必要なため、角田山の中でも、やや難易度が高いコースです。

しかし、海抜0メートルから標高を上げていく登山道からは、絶景が楽しめます。

角田岬灯台や日本海が一望できるコースは、多くの登山者から人気です。

清々しい海の眺望!角田山(灯台コース)

角田岬灯台の景色

角田山(灯台コース)はアップダウンが多く、やや体力を必要としますが、海側の眺望は素晴らしいの一言。

日帰りで行けるため、「ちょっと頑張りたい」登山初心者にもおすすめです。

ここでは、灯台コースの詳細についてご紹介します。

 

【コースタイム】
灯台コース登山口(1時間55分) →  三望平(15分) →角田山(山頂から観音堂広場までは約10分)

所要時間:3時間55分(登り:2時間10分、下山:1時間45分)

【山の難易度(個人的)】
体力:★★☆☆☆
技術:★☆☆☆☆

 

灯台コース登山口
灯台コース登山口は、駐車場からすぐ近くのところにあります。

登山口右側にある海岸沿いの階段からも、角田山灯台へ行けます。
海と登山道
トンネルを抜けると、潮の香りが。

とても登山道とは思えませんね……。
角田岬灯台
まずは角田岬灯台を目指して、登ります。
角田岬灯台の絶景
スタートから約10分で、この絶景。

灯台周辺は、最高のフォトスポットです。
灯台コースの岩場
灯台を抜けると、いよいよ本格的な登りが始まります。
灯台コースの登り木道
登りは石と土の斜面もあれば、階段の箇所もあります。

連続する急登で、一気に高度を上げていくため、コース序盤が一番しんどいかもしれません。
佐渡見平
佐渡見平まで来ると少しスペースがあるので、ここで一息つけましょう。
灯台コースの岩場(急登)
岩場の登りも登場します。

でも、落ち着いて歩けば、そう難しくはありません。
灯台コースの眺望
振り返れば、絶景がすぐそこに。

海岸からの風が心地よく、見晴らしも抜群です!
コオニユリ
コオニユリかな?
ヤマユリと日本海
7月中旬には、ヤマユリもたくさん咲いていました。
ロープ場
安全策のため、一応ロープがかかっている箇所もあります。
歩きやすい道
ようやく歩きやすい道に出ました。

このあたりから、徐々に登りが少なくなっていきます。
灯台コース看板
灯台コースの看板が。目印が見えるとホッとしますね。

山頂へは、矢印と逆の方向へ進みます。
五ヶ峠分岐
五ヶ峠分岐に到着。角田山頂へと向かいます。
アサギマダラ
アサギマダラも見れました。水色の羽模様がキレイ。
三望小屋
登山道を進むと、右側に三望小屋が見えてきます(利用はできません)。
三望平
三望平は、少し広いスペースになっています。

ちょっとした休憩には良さそうですが、特に展望もないので先へ進みます。
三望平後の下り
三望平を超えると下りも出てきて、道が歩きやすくなります。

風も抜けるので、夏場は涼しく感じますね。
力をつくしてがんばろうの看板
マイペースにいきましょう!
山頂間近の木道
こんな感じの木道を進んでいけば、山頂はすぐそこです。
角田山山頂
角田山山頂に到着!
山頂の小屋
中に入れそうな、登山小屋もあります。
山頂から稲島コースへの道
山頂は展望がないので、稲島コースにある観音堂広場へ向かいます。

観音堂へは、写真中央の木道を進んで行きます。
トイレ
山頂と観音堂の中間くらいに、トイレがあります。
観音堂広場
観音堂広場に到着。

ベンチもあるし、市街地が一望できて、気持ちのいい場所ですね。

登山をした7月下旬には、ヤンマ系のトンボがたくさん飛んでいました。
観音堂
この日はたまたま、消防署の方々が熱中症予防の写真撮影と呼びかけで来ていました(10名くらい)。

お土産に、マスクと除菌シートをもらいました。
角田山山頂2
ひと休みしたら、来た道を戻って下山します。

灯台コースの登山口とアクセス情報

灯台コース登山口の駐車場

住所:新潟県新潟市西蒲区角田浜

アクセス:
【車】北陸自動車道「巻潟東IC」から国道460号、県道2号、国道402号経由で約30分

【電車・バス】上越新幹線「燕三条駅」より、JR弥彦線・越後線新潟行き「巻駅」下車、「巻駅」からバスで約35分(灯台コースへは、巻-間手橋-角田妙光寺入口 線)

>> 新潟交通観光バスの路線バス(公式サイト)

駐車場:300台(無料)

トイレ:あり(登山口)

角田山周辺の温泉施設

日帰り温泉 じょんのび館
出典:日帰り温泉 じょんのび館 公式サイト

※ 日帰り温泉「じょんのび館」は、大規模改修工事につき、臨時休館中です(2021年7月19日(月)〜12月20日(月)まで)。

灯台コース登山口から車で約10分進むと、日帰り温泉「じょんのび館」があります。

源泉100%の温泉施設には、露天風呂やサウナもあり、地元の人々や登山者から親しまれています。

登山後は、ここでサッパリ汗を流して帰りたいですね。

>> 日帰り温泉 じょんのび館(公式サイト)

施設名:日帰り温泉 じょんのび館

住所:新潟県新潟市西蒲区福井4067番地

営業時間:10:00~22:00

定休日:第1・第3水曜日、12月31日

電話受付時間:9:00~22:00

電話:0256-72-4126​

まとめ

灯台コース登山口とファンタ

角田山の灯台コースは、角田岬灯台や登山道から海の絶景が広がるコース。

海沿いを進んで山頂を目指すため、登山でありながら、潮の香りも感じられます。

灯台コースは急登が連続するため、やや体力を必要としますが、これだけ眺望が良いと頑張りがいがありますね。

夏場はとても暑いので、十分な水分と熱中飴、冷感タオルなどを持って登るようにしましょう!

【あわせて読みたい】 >> 【登山】標高が低いからって、“ 簡単 ” な山だと思ってない?

新潟県の山(分県登山ガイド)
created by Rinker
角田山(新潟県)|灯台コースの登山ルートを解説
最新情報をチェックしよう!