レジ袋を“ゴミ袋”にしてたのに。わざわざ市販のゴミ袋を買いたくない

レジ袋を“ゴミ袋”にしてたのに。わざわざ市販のゴミ袋を買いたくない

2020年7月からレジ袋の有料化が始まりましたね。

それに合わせてエコバッグを買ったり、もらったレジ袋を再利用したりしている方も多いのではないでしょうか?

ただ、今までレジ袋をゴミ袋としても使っていた方にとっては、不便さを感じることもしばしば。

私もレジ袋を家庭用のゴミ袋として利用しているので、「やっぱろレジ袋がほしいな」と思うことがあります。

今回は、そんなレジ袋について思うことを書きました。

エコバックが環境に良いのはわかるよ。わかるけど…

プラスチック製品のゴミの量を減らす目的で導入された、レジ袋の有料化。

地球温暖化や持続可能な社会のことを考えると、それ自体は必要なことだと思います。

私も買い物ではエコバッグを使っていますが、今までずっとレジ袋をゴミ袋としても使ってきたので、レジ袋がないと生活で困ることもあるんですよね。

環境のことを考えてエコバッグを使いたい気持ちがある反面、「レジ袋がほしいなぁ」とも思います。

牛乳パックのリサイクルやゴミの分別など、環境に優しい取り組みはしていますが、それでもゴミ袋代わりになるレジ袋はほしいわけです。

正直、レジ袋を買い物&ゴミ袋として使っていれば、「十分エコなのでは?」と思うことも…。

すでに製造済みとはいえ、新しくプラスチック製のゴミ袋を買う方が、「かえって環境に良くないのでは?」と感じることもあります。

できれば「指定」以外のゴミ袋は買いたくない

国が人々に対して、どこまでライフスタイルの変化を狙っているかはわかりませんが、多くの人がレジ袋を使わなくなれば、その分原料となっている原油コストも削減されるでしょう。

ただ、そこで問題になるのは、新しいゴミ袋のこと。

これまでレジ袋をゴミ袋代わりにしてきた人からすると、新しいゴミ袋が必要になるので、今後はネットや店舗で透明・半透明のゴミ袋を買わなければなりません。

でも、できるなら「 “指定” 以外のゴミ袋は買いたくない」と思ってしまいますよね?

レジ袋を一枚5円で買うのと、新しいゴミ袋を購入するのとでは、一体どっちが安いのかとも考えてしまいます。

私も普段の買い物ではエコバッグを使っていますが、家用のゴミ袋のことまでを考えると、果たして「どっちがいいのか?」と悩むところです。

やっぱりレジ袋がほしい

なんだかんだで、やっぱりレジ袋は便利です。

手ぶらで買い物に行けますし、ゴミ袋代わりにもなりますからね。

ただ、現在の自然環境や生き物を将来に渡って残していくためには、地味だけどレジ袋の削減も必要なことなのかなとも思います。

レジ袋ではない新しいゴミ袋を買う場合には、多少の出費も必要です。

これも時代の変化だと思いますし、今豊かな生活をしている私たち「人間」の責任のようにも感じますね。

それでも結局のところ、レジ袋と市販のゴミ袋購入で環境への負荷が変わらないのであれば、やっぱりレジ袋がほしいところです。

まとめ

ゴミの削減や資源の節約など環境のことを考えると、エコバッグを使った方がいいのはよくわかります。

でも、レジ袋はさまざまな用途で使えるので、やっぱり便利なんですよね。

ゴミ袋として優秀すぎました。

今後もエコバッグは継続して使っていきますが、ときどきはレジ袋ももらうかもしれません。