Huelの味を徹底検証!ボトルからパウダー、飲み方アレンジまで

Huelの味を徹底検証!ボトルからパウダー、飲み方アレンジまで

【更新:2020/11/19】

完全栄養食「Huel」ですが、その味って気になりませんか?

「興味はあるけど、おいしいかわからない」「買おうか迷っている」という人もいますよね。

そこで今回は、Huelの味についてパウダーとボトルタイプの両方を解説します。

実際に飲んでみたのは、パウダー(バニラ味)とボトル(ベリー味)の2種類で、専用フレーバーも試しました。

プロテイン系は初挑戦ですが、初心者なりに飲み方もアレンジしてご紹介しますよ!

完全栄養食「Huel」は、26種の必須ビタミンをすべて含んでいる

Huelとは?

Huel(ヒュエル)はイギリスで発売以来、世界80ヶ国で4000万食以上が販売されている完全栄養食です。

完全栄養食とは、私たちが健康を維持するために必要な栄養素が、すべて詰まった食品をいいます。

Huelには、26種のビタミンやミネラルなどが含まれているので、「手軽に栄養バランスのいい食事が取れる食品」として注目を集めていますね。

日本では2019年4月から発売開始され、同時にHuelの日本版公式サイトもオープンしました。

日本では、パウダーとボトルタイプの2種類を発売

日本で販売されているHuelの食品は、パウダータイプとボトル入りドリンクタイプの2種類です。

パウダータイプは、通常版とグルテンフリー版の2つに分かれているで、炭水化物やタンパク質の量に合わせて選べます。

商品名味の種類
Huel Powder全6種類
バニラ、チョコレート、バナナ、ベリー、コーヒー、フレーバーなし(甘味料抜き)
Huel Black Edition
※ グルテンフリー
全2種類
バニラ、チョコレート
Huel Ready-to-drink全3種類
バニラ、チョコレート、ベリー

出典:Huel®︎公式サイト

Huelの味って、どうなの?

Huelパウダーの味

実際のところ、Huelの味がおいしいのかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか?

いくら栄養価が高くても、おいしくないと飲み続けることは難しいですからね。

今回私は、パウダータイプ(バニラ味)とボトルタイプ(ベリー味)を試してみました。プロテイン系パウダー初心者なりに、味の感想やアレンジについて解説していきます。

パウダー編(バニラ味)

水×バニラ味

Huel 水とバニラの味

まずは、Huel公式サイトの飲み方どおりに、水で割って飲んでみました。

  • パウダーの分量:3杯(インスタントラーメン1杯分)
  • 水の量:400ml+200ml

味は飲めなくはない。「バニラ味」とありますが、どちらかというとバニラ風味という感じですね。甘さはしっかりとあります。

穀物感

水で割っただけだと、穀物のような味わいが強い気がしました。パウダー量が多いためか、飲み口はややドロっとしています。

水でも飲めないことはないのですが、中には味に抵抗を感じる人もいるかもしれません。

プロテイン系パウダー初心者からすると、「他社製品もこういう味なのかな?」という印象です。

牛乳×バニラ味

Huel牛乳とバニラ味

私としては、水で割るよりも牛乳にアレンジした方が飲みやすかったです。まろやかな食感(質感)ですね。

これなら600mlでも飲めそうな気がしました。

バニラ味のパウダーなら、このアレンジが一番好きかもしれません。

アーモンドミルク×バニラ味

Huelアーモンドミルクとバニラ味

アーモンドの風味がいい感じに混ざって、飲みやすかったです。

ちゃんと甘みもあります。

アーモンドミルクの味も加わったためか、少し味が濃くなったような気がしました。

ボトル編(ベリー味)

Huelボトル(ベリー味)

ボトルは開けると、ベリーのいい香りがしました。

Huelのボトル中身

中はイメージしていたベリー色ではなく、茶色でしたね。

飲み口はパウダーと同じく、トロっとしています。

ベリーの風味が入ることで「かなり飲みやすくなるな」という印象でした。

飲んで少し経つと、ベリーのほどよい甘さと風味が口の中に広がります。

Huel専用フレーバーで味を変えてみた

フレーバーブースト

Huelでは、パウダーの味を自分好みに変えられるフレーバーパック『Flaver boost』も販売しています。

味は全部で10種類。パウダーやボトルタイプにはない味が入っています。

フレーバーのサイズ

専用フレーバーの大きさは、手のひらサイズです。

今回はバナナ、カカオ、チョコミントの3種類を試してみました!

ベースは一番飲みやすかった「牛乳×バニラ味」にしています。

フレーバー:バナナ味

バナナ味フレーバー1

開封すると、バナナのいい香りが漂ってきました。

フレーバーバナナ味2

よくかき混ぜて、できあがり。

今回はフレーバーを混ぜるときにはシェイカーを使わなかったので、少しダマができてしまいました。

味はバナナシェイクに近い感じなので、好きな人もいると思います。

「シェイカー全部がバナナ味は飽きそうだな」という方は、コップにHuelを注ぐなどして、少しだけフレーバーを加えるようにするとちょうどいいかもしれません。

バナナ味のフレーバーは単品でなめると、辛さと甘さを感じます。

フレーバー:カカオ味

フレーバーカカオ味

カカオ味は開けたときに、「ん?チョコ??」と思うような香りがしました。

味は飲みやすくて、おいしい。

カカオ味はバニラパウダーとも相性がよく、味にまとまりがあります。

試しにカカオ味のフレーバーもなめてみたのですが、ほんのりとした苦みと甘さがありました。市販のココアパウダーをなめたような感じですね。

フレーバー:チョコミント味

フレーバーチョコミント味

味は、まったりとしたチョコミントドリンクという感じです。

カカオ味と同じく、全体の味なじみがいいと思います。

飲んだ後にチョコミントの香りが、口の中に広がりますね。

チョコミント好きであれば、気に入るのではないかなと思います。

チョコミント味のフレーバーは、一口なめると「チョコミント!!」と一瞬でわかります。期待を裏切ることのない、ど真ん中のチョコミント味です。

初心者なら、飲みきりサイズのボトル入りがおすすめ!

Huelボトル
左:ナルゲン(400ml)、右:Huel®︎ READY-TO-DRINK(500ml)

初めてプロテイン系や栄養食にチャレンジする人であれば、Huelのボトル入りがおすすめです。

パウダーは最低2パックの購入が必要で、1パックあたりの量も多くなっています。

万が一、味が合わないと飲み続けることは難しいので、もったいない結果に終わってしまう可能性もあります。

その点、ボトル入りは飲みきりサイズなので、お試しにはちょうどいい商品です。

ドリンクを自作するパウダータイプとは少し味が違うかもしれませんが、ボトル入りを飲めば、パウダータイプの味もだいたい想像がつくと思います。

割引価格で買える!「お友達紹介プログラム」もあるよ

割引

Huelには、お得な割引システムとして「お友達紹介プログラム」があります。

「お友達紹介プログラム」は、Huelアカウントを持っている友達からコードを受け取ると、初回注文が 2,000円オフになるというもの。

さらに嬉しいのは、紹介者も次回注文で 2,000円オフが適用されることですね。

以下は「お友達紹介プログラム」の利用条件です。

  • 注文金額が 8,000円以上
  • 利用できるのは初回注文のみ

また、注意点として、各コードには回数制限があります。

たとえば、SNSなどでコードをばらまいてしまうと、自分の友達にHuelを紹介しても割引が適用されない可能性があるということですね。

友達や知り合いで、同じくHuelが気になっている人がいるなら、お互いに紹介し合って買うのもいいかもしれません。

「お友達紹介プログラム」はHuelもおすすめしているシステムなので、使える人はぜひ使ってみるといいでしょう。

 

まとめ

Huel一式695

プロテイン系初心者からすると、Huelは選ぶパウダーやアレンジによって、飲みやすくなるなと思いました。

味の好みは、プロテイン系ドリンクに飲み慣れているかも関係すると思うので、まずはお試しとして「ボトル入り」を買ってみることをおすすめします。

満腹感も結構あるので、ダイエットや体づくりのサポートに試してみるといいですよ。