【予算1,000円以下】メンズにおすすめのエコバッグ厳選5点

【予算1,000円以下】メンズにおすすめのエコバッグ厳選5点

毎回レジ袋をもらうたびに、「エコバッグにした方がいいかな」と思っていませんか?

レジ袋の有料化も本格的になってきて、周りでも結構エコバッグを持ち歩く人が増えてきました。

しかし、男性の方でエコバッグを探している方の中には、

・シンプルで使いやすい、エコバッグが見つからない
・節約になるかわからない
・値段が高い…

と思っている方もいるでしょう。

エコバッグのデザインは、主婦や女性を意識しているからか、なかなかメンズ向けのアイテムがないように感じます。

当然、値段が高くてもいいのであれば、気に入ったデザインも見つかりますが、「そこまでエコバッグにお金をかけたくない」と思う人もいるはずです。

そこで今回は、【1,000円以下で買える】メンズにおすすめのエコバッグをご紹介します。

地球や自然のことを考える、心優しい男性に向けた記事です!

2020年7月1日からレジ袋が有料化

レジ袋削減
出典:経済産業省ウェブサイト

2020年7月1日からレジ袋は、完全に有料化されます。

私も「レジ袋がいよいよ有料化される」ことをきっかけに、エコバッグの購入を考え出しました。

経済産業省が決めたことなので、スーパーもドラッグストアもコンビニも逆らうことはできませんね。

レジ袋の料金は、一枚5円や10円など店舗によってまちまちです。

早いところでは前倒しで、レジ袋を有料化しているお店もありますね。

【予算1,000円以下】メンズにおすすめのエコバッグ5選

メンズ向けのエコバッグは、女性向きと比べて少ないように感じますが、ゼロではありません。

ここでは、1,000円以下で買える、男性でも使いやすいシンプルなエコバッグを厳選しました。

<GLOBAL WORK> A4トートエコバッグ

ヴィンテージ感のあるA4トートバッグ。

若者向けのおしゃれなデザインが魅力です。

持ち運びにも便利で、内ポケットに収納するとコンパクトになります。

いつでもカバンに入れておけるエコバッグです。

<GLOBAL WORK> A4トートエコバッグ
created by Rinker
素材コットン100%
サイズ40×36×(持ち手)57.5cm
※ レッドのみ:39×35.5×(持ち手)58.5cm

撥水対応ショッピングバッグ

雨の日でもへっちゃらな撥水加工のエコバッグ。

折りたためばポケットに収納できるのに、2Lのペットボトルが楽々収まる大容量です。

内部はシルバーコティング仕様で、保冷・保温効果があります。

メンズでも使いやすい、無地のシンプルなデザインが魅力です。

撥水対応 ショッピングバッグ
created by Rinker
素材ポリエステル
サイズ41×35×(奥行き)9cm×(持ち手)31cm
収納サイズ10×13×(厚み)2cm

<MOTTERU> クルリト デイリーバッグ

<モッテル>は、地球温暖化や海洋プラスチックごみなど、変化する地球環境に配慮したエシカルグッズを展開するブランドです。

エコバッグはスーパーのレジ袋と同じサイズで、これまで通りの感覚で買い物ができるのが特長。

使わない時は、ゴムでくるっと小さく収納できます。

ゆったりした雰囲気のある、男女兼用のシンプルバッグです。

<MOTTERU> クルリト デイリーバッグ
created by Rinker
素材ポリエステル
サイズ36×29×(奥行き)18×(持ち手)18cm
収納サイズ約5×10cm

<creasy> 撥水加工 エコバッグ

おしゃれでカジュアルなエコバッグには、撥水加工が施されています。

値段も安いので傷んできたら、買い替えるという選択もできますね。

ただし、完全防水ではないので注意してください。

厚めの生地で、安心感もあるエコバッグです。

<creasy> 撥水エコバッグ
created by Rinker
素材ナイロン
サイズ39×45.5×(奥行き)10×(持ち手)54cm

大きいサイズのプチプラトートバッグ

シンプルなトートバッグは、買い物がしやすい大きめのデザイン。

素材が丈夫なので、キャベツや大根など重たい荷物を入れても問題ありません。

好みに合わせて選べる、豊富なカラーリングも良い感じです。

エコバッグとしてだけでなく通勤や通学にも使いたくなる、マルチなアイテムです。

大きいサイズのプチプラトートバッグ
created by Rinker
素材綿100%
※ ブラック/ホワイトの持ち手のみ綿35%、ポリエステル65%
※ そのほかの持ち手は、綿100%
サイズ40×33×(奥行き)15×(持ち手)58cm

100均のエコバッグを使うのもアリ!

エコバッグ

「エコバッグにそんなにお金をかけたくない」という人であれば、100均のバッグを利用するのもいいですね。

見た目やデザインにこだわらなければ、使えるものはたくさんあります。

「とりあえず、買い物できればいいや」というのであれば、100円ショップで気に入ったものを探してみましょう。

節約目的なら長持ちするエコバッグを

エコバッグ1

節約目的でエコバッグを買うのであれば、長持ちするエコバッグを選ぶべきです。

簡単に計算してみましょう。

・レジ袋の料金:一枚5円
・エコバッグ代:2,000円

【エコバッグ代 ÷ 一枚あたりのレジ袋料金 = 元を取るための使用回数】

2,000円 ÷ 5円 = 400回

仮にエコバッグ代が2,000円であれば、400回の使用で元が取れる計算です。

1,000円のエコバッグなら、200回使えば元が取れますね。

使用回数400回まで行くと、一年以上使い続けることが条件になるので、長持ちするアイテムでなければ節約になりません。

「どんなエコバッグを選ぶか」が大事ということです。

あわせて読みたい記事 >>> まるでモンスターボール! <フリップ&タンブル>のエコバッグをご紹介

地球に優しくありたい

自然と鳥

私はどちらかというと節約目的ではなくて、地球や自然環境のことを考えて、エコバッグを持ちたい派です。

レジ袋が有料化になるからと言って、必ずしもエコバッグを使わないといけないというわけではありません。

ただ、ちょっと地球に優しくありたいなと思うメンズの方は、エコバッグを買うのも一つの手です。

私は家にレジ袋のストックがたくさんあるので、もらったレジ袋をそのまま家で捨ててしまうことが多くありました。

その度に「なんかもったいないな」と感じたものです。

せっかくの機会なので、これからはエコバッグを使ってみてはいかがでしょうか?