Webライター/自然体験教育者・松崎清央のプロフィール

松崎清央プロフィール

松崎清央(まっつん)のプロフィール

Webライター / 自然体験指導者 / 青少年の人材育成・教育者 / イベントクリエイター

初めは自然体験指導者として仕事をしようと思った

22歳の頃に「青少年教育」の仕事に出会う

大学卒業後、私は埼玉にある市役所の職員として青少年教育の仕事をしていました。

小学生から中学生、高校生、大学生などの子から20代後半の人たちをまでと関わる仕事は、当初イメージしていた市役所の仕事とはかけ離れたものでした。

キャンプの企画や運営、地方に行っての宿泊研修など若い子たちと触れ合う機会が多く、市役所の別館ということもあってか、エネルギーのある職場だったからです。

ですが、当初は中高生とかに妙な恐怖心があったので、どうやって接していいかよくわかりませんでした。

私としては普通に笑顔で話していたつもりだったのですが、数ヶ月してからそこに遊びにきていた女子高生に「あの頃は、顔がひきつっていてひどかったよー」と言われてしまいした。地味にショックな体験です…。

ただ、その職場、青少年を対象にした仕事で、人の成長を手助けすることのおもしろさ、自分が考えた企画で喜んでもらえたときの楽しさを感じました。

「本当に好きな仕事で生きられないのか」を知りたかった

社会人2年目くらいから、今の働き方に疑問を感じるようになりました。

「本当にこのままでいいのかな」と、日々モヤモヤした思いを抱えて生活していたわけです。

他の職場で、体や心を壊して休んでいる人たちを見て、お金のためだけに働くことにも強い憤りを感じるようになりました。

たとえお金があっても、心が幸せでなければ意味がないからです。

よく「好きなことでは食べていけない」と言われますが、「本当にそうなの?」と思ったこともあって、自らの人生をかけて実証してみたくなりました。

市役所を4年で退職し、学生としてアウトドア専門学校に入学

アウトドア専門学校時代

やりがいを感じていた青少年教育の仕事を「もっと続けたい」と思い、4年間で市役所を退職しました。

市役所には、だいたい4〜5年で異動があります。

私もちょうど対象になる職場年数だったので、「もしかしたら、自分もそろそろ別の職場に異動になるかも」と感じていました。

だからこそこれを機に退職して、新潟にある国際自然環境アウトドア専門学校に入学することにしたのです。

そこで登山やキャンプ、子ども向けの野外活動など、フィールドワークを中心に、アウトドアの知識と技術を幅広く学びます。

当然、社会人を辞めて収入ゼロになるわけですから、不安はありました。

ですが、26歳のこの頃に自分を振り返って、本当にやっていきたい仕事について考えた結果、出た答えが「自然と関わる仕事がしたい」だったのです。

不安を感じながらも社会人を辞めて、再び学生になります。

卒業後は「必ず独立する」と決めていた

アウトドア専門学校に入学する前から、「卒業したら必ず独立する」と心に決めていました。

私が独立にこだわっていたのは、今の時代、会社に依存していても何がどうなるかわからないからです。

それに自分にはやりたいことも好きなこともなかったので、「この3年間の学生生活のうちに、スペシャリストになれるくらい知識と技術を磨こう」とも思っていましたね。

市役所職員にリストラはないけれど、30代や40代になって何かの機会に職を失ったら、自分はどうするのだろうという漠然とした不安もそこにはありました。

フリーランスになったけれど、仕事が取れずに挫折

29歳で学校を卒業して、就職はせずにフリーランスになりました。

しかし、自然体験教育の指導経験や企画・運営ができても、仕事の取り方がわかっていなかったので、3ヶ月くらいで早々と挫折します。

今考えれば当然なのですが、毎日家の中で一人でマーケティングなどの勉強ばかりしていても、仕事なんて取れないですよね。

当時はそんなことすら分かっていませんでした。

でも、そんなときに縁あって、アパート契約した不動産兼保険代理店の経営者から、「保険営業の仕事をしてみる?」と言われました。

あとから聞くと、私の人当たりの良さとかを見込んでのお誘いだったようなのですが、「営業 = お客にすごいプッシュする」イメージがあったので、当時は「自分が営業に向いている」とは全く思えませんでしたね。

営業は未経験でしたが、以前から気になっていた職種だったことや自然体験指導者として仕事が取れない現状を考えて、転職を決意します。

保険営業時代に、ブログを始める

ころぽく

保険営業への転職は一時的なもので、いずれはまたフリーランスとして独立すると決めていました。

ブログを始めたのもこの頃です。

働き方や仕事の選び方など、思うところがいろいろとありましたし、自分の活動を知ってもらうために始めました。

最初は頑張って記事を書いても、1日最高5PVなど全く結果が出ませんでした。

そうなるとやる気も落ちてきて、書く気もだんだんなくなっていきます。

でも、半年、一年と長く続けていると少しずつPV数も上がってきて、1日100PVくらいにはなりました。

他人から見たら少ない数でも、「自分の経験や知識が、まだ会ったこともない誰かの役に立っているかも」と思うと楽しく、嬉しくなります。

Webライターの仕事を始めたきっかけ

ブログ

31歳で保険代理店を退職して、またフリーランスになってからWebライターの仕事を始めました。

私は特に「Webライターになる」と決意して仕事を始めたわけではありませんが、教育や営業の仕事で培った「わかりやすく、物事を伝える」という強みが活かせるかもとは思っていました。

今思うと、子どもでも理解できる「話の組み立て方」や「言葉選び」などのノウハウも、そのまま活かされていると感じます。

それに私自身「多くの人に出会いたい」「時間や場所にとらわれずに自由に仕事がしたい」という想いもあります。

そんな想いに導かれて辿りついたのが、「文章を書く」というライターの仕事だったのです。

『Reach Out Leaders』のミッション

Reach Out Leaders (リーチアウトリーダーズ)には、「価値をあるもの創り、人を手助けする」という想いを込めました。

誰かをサポートするためには、相応の知識やスキルが必要です。

場合によっては、助けられる側も自分から声を上げないと気づいてもらえないかもしれません。

お互いにできることをするからこそ、最大限のパフォーマンスを発揮できると思っています。

特に重視しているのは、その人の持つ人間性や人柄など「心」の部分です。

教育でいえば、子どもに与える楽しさや喜び、学びの深さは、指導者の人間性によるところが大きく影響します。

「子どもの成長を手助けしたい」
「価値あるサービスを提供する」
「強みや長所を見つける」

これは、記事や文章を作成するライティングも同様です。

「多くの人に読んでほしい」と思うからこそSEO対策を施しますし、「この商品、サービスを知ってほしい」という気持ちが強いほど、熱量のある文章が書けます。

仕事やプライベートに関わらず、どのようなマインドを持つかで結果は変わってくるのです。

個人や企業、地域を問わず、「創る」という行為を通じて人を笑顔にし、喜んでもらうことが、私にとっての喜びです。

ぜひ、あなたの夢の実現を、私にもお手伝いさせてください。

その他活動 & 実績

資格

  • 自然ガイド ステージⅡ資格取得
  • キャンプディレクター2級
  • 国内旅行業務取扱管理者 資格取得
  • NEALリーダー(自然体験活動指導者)
  • Medic Firstエイド
  • ネイチャーゲームリーダー
  • ナポレオンヒル・インストラクター
  • プロジェクトアドベンチャー講習受講

執筆実績

  • YAMAHACK(登山メディア)
  • 全日本ランバイク選手権シリーズ実行委員会(東京中日スポーツ新聞・みんなのスポーツ掲載記事)

自然体験指導者の実績

  • 上越市針子ども育成会(親子イベントの企画・運営・進行)
  • 上越市立豊原小学校(自然クラブ活動)
  • 妙高アドベンチャー指導回数43回(国立妙高青少年自然の家)
  • 矢代地域づくり協議会(子ども向け野外活動等の企画・運営)

その他

 ・にいがたのローカルな魅力セミナー 登壇(2018年)

松崎清央のプライベート情報

■ 1986年生まれ。実家はお寺。小さい頃から住職になるために育てられる

■ 北海道出身。新潟県在住。

■ 15歳:高校進学をきっかけに、下宿生活が始まる。

■ 26歳:市役所を退職し、本格的に野外教育、アウトドアのスキルを磨く

■ 29歳:アパート賃貸も行っている保険代理店の経営者から営業のお誘いを受ける。「もう二度と会社員はやらない」と思っていたが、その方の人柄に惹かれて転職。

■ 独身

■ 性格:真面目、誠実だけど人を笑わせるのが好き。臆病。

■ 好きなもの:自然、音楽、漫画(HUNTER×HUNTERなど)、読書(ビジネス系が多い)、休みの日に動画を見ること、好きな音楽を探すこと、一生懸命な熱い話

■ 好きなアーティスト:dustbox、スピッツ、BUMP OF CHICKEN、マカロニえんぴつ、The Offspring

■ 苦手なもの:人の心の痛みがわからない人、高圧的な人

■ 好きな言葉:「ありがとう」「自由」「可能性」

長々お読みいただき、ありがとうございました!