三条市グリーンスポーツセンターのアースバッグ焚き火台をご紹介!

三条市グリーンスポーツセンターのアースバッグ焚き火台をご紹介!

焚き火台といえば、アウトドアメーカーが販売しているものをイメージすると思いますが、実がそれだけではありません。

近年は、土を建材に使ったアースバッグ工法による焚き火台が登場しています。

焚き火台とベンチがセットになっているので、わざわざチェアを用意する必要もありません。

自然素材を使った工法は、台風などの災害にも強くなっています。

そこで今回は、新潟県にある三条市グリーンスポーツセンターのアースバッグ焚き火台についてご紹介します。

敷地内にはキャンプ場もあるので、日帰りでも宿泊でも自然が満喫できますよ。

アースバッグ工法とは?

新潟県にある三条市グリーンスポーツセンターには、アースバッグ工法を使った焚き火台が設置されています。

アースバッグ工法とは、アメリカ・カリフォルニア州で考案された“土”を使った建築工法です。

ロングチューブに混合土を詰めて、叩き、積み上げていくというシンプルな作り方ですね。

建材となる“土”は、どこにでもあるものを使用しているため調達が簡単で、自然素材であることから環境への負荷も少なくなっています。

アースバッグ工法は、日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、階段や塀、ベンチ、果ては宇宙建設にも使える可能性があるとして、海外で注目されている工法です。

アースバッグ工法の3つの特徴

アースバッグ工法の焚き火台には、さまざまなメリットがあります。

利用者からすれば、「焚き火台とチェアを用意する必要がない」という点が一番のメリットかもしれませんが、それだけではありません。

(1) 耐火・耐震性が高く、災害に強い

アースバッグ工法は、台風や地震などの災害に強い建構造です。

主材に不燃性の土を使っているので、火の粉が飛んで穴が空いたり、燃えたりする心配がありません。

安心できる環境の中で、焚き火が楽しめます。

(2) 優しい曲線のデザイン

曲線が自由に表現できるところも、アースバッグ工法の魅力ですね。

手作り感のある風合いは、どこかほっとする気持ちにさせます。

可愛く、柔らかい雰囲気を演出する、自然に馴染むデザインです。

(3) 子どもでも作れる、ローテクニック工法

アースバッグ工法は「袋に土を詰めて、積み上げる」というシンプルな建構造なので、作る工程には子どもも参加できます。

特別な道具も必要ないので、未経験者でも頑張れば、オリジナルの焚き火台が作れます。

敷地内に3か所ある。アースバッグ焚き火台

三条市グリーンスポーツセンターでは、2020年6月にアースバッグ焚き火台をオープンしました。

アースバッグ焚き火台は、敷地内に3ヶ所あります。

それぞれの焚き火台でデザインが違うので、利用人数や雰囲気に合わせて選んでみるのも楽しいですよ。

① グリスポAsuba基地

アースバッグ焚き火台1

敷地内に3か所あるアースバッグ焚き火台で、最も広いスペースです。

名称である「Asuba(アスバ)」には、「アースバッグ」と「明日を語る場所」という想いが込められています。

おしゃれな壁で囲まれた空間に、焚き火台とベンチが設置されていて、ベンチには4〜5人が座れます。

緑あふれる自然の中で、風の音や鳥のさえずりを聴きながら、リラックスして過ごせる空間です。

② グリスポ桜広場

アースバッグ焚き火台2

キャンプ場内の桜の周りにある、焚き火スペースです。

焚き火台が3ヶ所の中で一番低いため、火を間近に眺めながら、会話を楽しむにはぴったりですね。

シンプルな焚き火台とベンチは使い勝手が良く、キャンパーやテント泊の利用者からも人気があります。

③ グリスポ焚き火スペース

アースバッグ焚き火台3

センターのすぐ隣にある、可愛らしい焚き火スペースです。

黄色と白を基調としたカラーとポップな模様で、明るい雰囲気に仕上がっています。

こじんまりとした感じがちょうど良く、少人数で焚き火を楽しむには、最高の空間です。

大人の癒されタイム“ 焚き火交流会 ”も開催中

出典:Facebook/三条市グリーンスポーツセンター

三条市グリーンスポーツセンターでは、アースバッグ焚き火台を利用した“焚き火交流会”を随時開催しています。

夜に大人だけが集まって、火を眺めてゆっくり過ごす時間は、至福のひとときです。

他の参加者と会話を楽しみながら、ホットサンドやソーセージなど自分の食べたいものが焼けます。

日時など詳しい情報については、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

三条市グリーンスポーツセンターの利用方法

アースバッグ焚き火台の利用には、申請が必要です。

利用の際は、電話または直接事務室で手続きをしましょう。

センターでは、薪の販売やバケツ等の貸し出しもしています。

注意点として、アースバッグ焚き火台では、網を敷いたバーベキューができません。でも、マシュマロ焼きや焼き芋はOKです。

【基本情報】

施設名三条市グリーンスポーツセンター(大崎山公園内)
住所新潟県三条市柳沢1572
電話番号0256-38-3968
利用料金無料(アースバッグ・キャンプ場を日帰り利用の場合)
薪代:1束500円
貸出道具バケツ、火バサミ、炭用スコップなど
公式HPhttps://www.osakiyama.com/

まとめ

アースバッグ(焚き火)

土を原材料に使ったアースバッグの焚き火台は、耐熱性・耐久性に優れていて、環境に優しい点が特徴です。

三条市グリーンスポーツセンターにあるアースバッグ焚き火台は、3か所とも印象が違うので、それぞれの場所で焚き火をしてみたくなります。

焚き火台とベンチがセットになっているので、持ち物が少なく済むのもいいですね。

ソロから少人数での焚き火まで活躍してくれますよ!